本文へスキップ

東京・千葉のテコンドースクール テコンドー・オムスクール ITF-JAPAN

指導員紹介INSTRUCTOR

厳 斗一(オム・トゥイル)

CEO

日本国際テコンドー協会師範

日本国際テコンドー協会理事

テコンドー六段

税理士


経歴

1982年11月
日本のITFテコンドー誕生と同時に、11歳よりテコンドーを始める。
1988年4月
第6回世界選手権(ハンガリー・ブタペスト)において、17歳にして日本代表として選抜される。団体型の部において金メダル獲得。
1990年4月
第1回全日本大会出場。以降、第1回〜第5回大会において金メダル2回、銀メダル3回獲得。
1990年8月
第7回世界選手権(カナダ・モントリオール)代表選手として選抜される。
1991年4月
青山学院大学経営学部入学
1991年9月
第8回世界選手権(朝鮮・ピョンヤン)代表選手として選抜される。個人三段の部において銀メダル獲得。
1997年9月
外資系会計事務所KPMGピートマーウィック株式会社入社
2000年2月
同社を退社し、日本におけるテコンドー普及を事業目的とした有限会社レベルコミュニケーションを設立。取締役就任。
以後、東京都・千葉県の4箇所にてテコンドーを指導。
2001年6月
第12回全日本テコンドー選手権大会優勝
2002年6月
第13回全日本テコンドー選手権大会優勝・MVP獲得
2003年9月
日本国際テコンドー協会理事就任

<< 指導員一覧に戻る