本文へスキップ

東京・千葉のテコンドースクール テコンドー・オムスクール ITF-JAPAN

第63回昇段審査


2013年9月29日、東京府中道場にて第63回昇段審査が行われました。


オムスクールからの受審者、及び結果は以下の通りとなりました。


・綾瀬
椿順子 4段
横山佑翔 2段
飯田胡桃 1段
斎藤大河 1段

・松戸
荒井秀樹 1段
伊東久美子 1段
伊東晃太郎 1段

・流山
鳥居脩平 1段


2名が段位を上げ6名が新たに黒帯を取得し、今後のさらなる飛躍に期待が高まります!!


記念すべき流山道場黒帯一期生となった脩平君。 綾瀬道場の大河君。小学1年からテコンドーを習い、現在6年生です。


伊東久美子さんと晃太郎君はなんと親子で同時受審。 小学校からテコンドーを習い始め、毎週道場に通い高校2年生で黒帯取得となった飯田さん。


松戸道場創成期からの会員である荒井さんも念願の昇段受審。パートナーは師匠である寺島先生。 佑翔先生は2段受審。今後の活躍が期待されます。


椿先生は4段受審。貫禄のトゥルを披露しました。 マッソギ審査模様。脩平君のマッソギは各道場の師範達からも絶賛されていました。


荒井さんは壮年部を感じさせない気迫あふれるマッソギ! 飯田さんは不安のあったマッソギを無事にクリアしてほっとした様子でした。


ここからは板割りの課題。大河君ソンカル(手刀)見事成功! 伊東さんもアッパルク(肘)難なく成功!


脩平君はヨプチャチルギ(横蹴り)華麗に撃破! 無事に昇段審査を終え念願の黒帯取得。寺島先生も嬉しそうです。


審査終了後、念願の黒帯と道着を着て応援に来てくれた
メンバーと記念撮影。本当におめでとうございます!