本文へスキップ

東京・千葉のテコンドースクール テコンドー・オムスクール ITF-JAPAN

第27回全日本テコンドー選手権大会 競技2日目


2016年3月5日、6日の2日間にかけて東京都・代々木第2体育館にて第27回全日本テコンドー選手権大会が行われました。
今年も国内最高の舞台でハイレベルな試合が行われ熱戦を繰り広げました
競技2日目はマッソギの競技が行われました。


オムスクールからのマッソギ競技入賞は以下の通りです。


[マッソギ]
男子-57kg級
優勝    垣屋 龍宏(綾瀬)
第三位   垣屋 憲士郎(綾瀬)

男子-64kg級
準優勝   高 進裕(綾瀬)

男子団体の部
準優勝   東東京男子代表チーム(姜昇利・船水健二・高進裕・吉川健太郎・竹内純・゙洙聖)

女子団体の部
準優勝   東東京女子代表チーム(光岡麻希・四十崎菜保子・中川梨沙饗場久美子・山田頌子・鹿野真友)




連覇の期待がかかった龍宏選手。持ち前のアグレッシブさを発揮してトーナメントを勝ち上がりました。 決勝でも素早い技を連続で繰り出し連覇の偉業を成し遂げました!!


高選手は剛柔織り交ぜたマッソギで相手にペースを握らせず決勝まで勝ち進みました。 3年ぶりに勝ち進んだ決勝では果敢に攻め込むも惜しくも優勝は果たせず。来年の更なる進化に期待!


憲士郎選手は相手選手を飲み込まんばかりの気合あふれるマッソギ!3位に入賞しましたが本人は満足していないでしょう。 勝利の瞬間!龍宏選手との決勝での兄弟対決も期待されましたが次回に持ち越し。


中川選手は得意のヨプチャギで攻めを繰り出します。 セコンドにはともに練習する生井さん。セコンドも選手と同じ気持ちで全力でサポートしてくれます。


2度目の全日本となった石黒さんは去年よりさらにパワーアップ!力強さと巧さを併せ持った試合運び。 今回の優勝者をあと一歩のところまで追いつめる健闘を見せました!


連覇のかかった東東京男子代表ですが決勝で大将戦の末惜敗。来年のリベンジを誓いました! 出場した選手、応援団の皆さんで記念撮影。今年もたくさんのドラマがありました!年に一度の大舞台、来年も素晴らしい大会になるよう期待しましょう!