本文へスキップ

東京・千葉のテコンドースクール テコンドー・オムスクール ITF-JAPAN

2017年度ASC杯テコンドー選手権大会


2017年5月4日の東京都・足立区総合スポーツセンターにて2017年度ASC杯テコンドー選手権大会が行われました。
今年も関東圏からたくさんの選手が足立に集い熱戦を繰り広げました。


テコンドー・オムスクールからの入賞選手は以下の通りです。


[トゥル]
小・中学白帯の部
優勝 宮島 開斗(西新井)
準優勝 竹迫 海智(綾瀬)

小・中学赤帯の部
優勝 鈴木 永人(綾瀬)


[マッソギ]
小学生女子-30kg級
優勝 鈴木 菜津子(青砥)

小学生男子-37kg級
優勝 大川戸 翔一(青砥)

小学生男子+37kg級
優勝 川岸 琉生(綾瀬)

中学生男子-47kg級
優勝 鈴木 永人(綾瀬)
準優勝 馬川 聖仁(北千住)

成年男子団体マッソギの部
準優勝 綾瀬チーム(垣屋龍宏、川岸光、斎藤誠)




大会開始前、会場の設営をするスタッフたち。ASC大会は毎年足立区テコンドー協会員をはじめとするオムスクール会員たちで大会を運営をしています。 開会式、足立区テコンドー協会会長である野本副師範の挨拶。


選手宣誓は綾瀬道場・鈴木永人選手。 少年団体トゥルの部の試合模様。綾瀬少年部チーム。


少年部白帯の部。大会初出場となった開斗君と海智君、嬉しいメダル獲得です! レベルの高い赤帯の部に出場した永人君。正確性とキレのある動きを両立したトゥルで見事優勝!


マッソギ優勝の翔一君。相変わらず貫禄のある動きで相手を圧倒。 女子マッソギで優勝した菜津子さん。アグレッシブに攻めて勝利を掴みました!


トゥルとマッソギW優勝の永人君。大柄な相手にも自分の動きを崩さず果敢に立ち向かいました! 嬉しいマッソギ初優勝。北千住道場の聖仁君も準優勝とあと一歩でした。


こちらもマッソギ優勝の琉生君。鋭い上段へのトルリョチャギがヒット! 表彰台にて。以前に負けたことがある相手に雪辱を果たしての優勝でした。


少年部に出場したオムスクールの選手達。 ここからは成年部。団体マッソギに出場した綾瀬チームの斎藤さん。嬉しい初白星を挙げました。


川岸さん。学生たちが多い団体戦で負けずに若々しいアグレッシブな動きで安定した活躍を披露。 全日本大会3連覇中の龍宏さん。チームの勝ち頭として大車輪の活躍。


綾瀬チームは順当に勝ち上がり決勝まで勝ち進みました。 男子団体マッソギの入賞チーム。綾瀬チームは優勝には惜しくも届きませんでしたが来年にまた期待しましょう!お疲れ様でした!!